ユニバーサルエンターテインメント、大阪薫英女学院がV

一般の部1位でフィニッシュするユニーバーサルエンターテインメントの鷲見梓沙選手=北九州市小倉北区で2017年1月22日、毎日新聞社提供

一般の部1位でフィニッシュするユニーバーサルエンターテインメントの鷲見梓沙選手=北九州市小倉北区で2017年1月22日、毎日新聞社提供

2017年1月22日に北九州市小倉北区の「小倉城歴史の道」を発着する32.8㌔(一般5区間、高校6区間)のコースで行われた「第28回選抜女子駅伝北九州大会」(福岡陸上競技協会、

北九州市、同市教委、毎日新聞社、RKB毎日放送、スポーツニッポン新聞社主催、TOTO特別協賛)は25チームが参加して行われ、一般の部はユニバーサルエンターテインメント(千葉)が最終区で3位から逆転して初優勝した。地元福岡のTOTOが2位、3連覇を狙った九電工は3位に終わった。

 

 

高校の部1位でフィニッシュする大阪薫英女学院の高田晴香選手=北九州市小倉北区で2017年1月22日、毎日新聞社提供

高校の部1位でフィニッシュする大阪薫英女学院の高田晴香選手=北九州市小倉北区で2017年1月22日、毎日新聞社提供

 

高校の部は2016年12月の全国高校駅伝で優勝した大阪薫英女学院(大阪)が1区から1位を守り、2連覇を果たした。西脇工(兵庫)は終盤に突き放され2位に。九州勢では筑紫女学園(福岡)の3位が最高で、北九州市立(福岡)は4位だった。

 

 

 

 

 

« 前の記事:

« 記事一覧 »