TOTO初優勝 大阪薫英女学院は全体トップでV3

 2018年1月21日に北九州市小倉北区の「小倉城歴史の道」を発着点とする32.7キロ(一般5区間、高校6区間)のコースで行われた「第29回選抜女子駅伝北九州大会」(福岡陸上競技協会、北九州市・同市教委、毎日新聞社、RKB毎日放送、スポーツニッポン新聞社主催、TOTO特別協賛)は22チームが参加して開かれ、高校の部は大阪薫英女学院が1時間47分11秒で、一般の部を上回り、全体のトップでフィニッシュして3連覇を果たした。高校チームが実業団チームよりも先着するのは、第24回大会(2013年)の立命館宇治(京都)以来5大会ぶり2度目。一般の部は唯一第1回から連続出場しているTOTO(福岡)が初優勝した。

一般の部1位でフィニッシュするTOTOのアンカー中原海鈴選手=毎日新聞社提供

高校の部1位でフィニッシュする大阪薫英女学院の高田晴香選手=毎日新聞社提供

« 前の記事:

« 記事一覧 »