クイーンズ駅伝 日本郵政グループが優勝

「クイーンズ駅伝in宮城 第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催、東京エレクトロン特別協賛)が11月24日に宮城県の松島町文化観光交流館前から仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台に至る6区間42,195㌔で行われ、日本郵政グループ(東京)が2時間15分10秒で3年ぶり2回目の優勝を果たしました。ダイハツ(大阪)が5秒差の2位、史上4チーム目の3連覇に挑んだパナソニック(神奈川)は3位でした。
そのほか、前回の「選抜女子駅伝北九州大会」出場チームでは、天満屋(岡山)が終盤追い上げ4位、ユニバーサルエンターテインメント(千葉)は16位でした。

*写真は上から「優勝した日本郵政グループのアンカー・宇都宮恵理選手」「2位でフィニッシュテープを切るダイハツの吉本ひかり選手」「3位になったパナソニックの最終6区・中村優希選手」
写真提供は毎日新聞社です。

 

 

 

 

« 前の記事:

« 記事一覧 »